FC2ブログ
ブログパーツ アクセスランキング
インフラ情報まとめ
アクセスランキング
サーバー、クライアント関係の構築、運用等のまとめ書きです。旧名 ほぷぅ(。・ω・)ノPCまとめ

Windows Server 2012 SCCM 2012R2 クライアントの手動インストール注意点




にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

Windows Server 2012 SCCM 2012R2 クライアントの手動インストール注意点

SCCM構築シリーズ(Microsoft System Center 2012 Configuration Manager R2)

Microsoft System Center 2012 Configuration Manager R2 構築

ITリソースを効率的かつ包括的に構成管理することができるSCCMを構築します。

大別すると以下のような機能を備えます。

1.電源管理とシステム構成の監査
2.クライアントの標準化
3.モバイルデバイス管理
4.構成情報・利用状況収集
5.ヘルプデスク支援
6.高度なレポート機能
7.セキュリティ対策
8.アプリ&更新プログラム配布

ここではスタンドアロン プライマリサイトの構成をします。

こちらの検証用ハードウェァリソースが不足していますので、

CPU i5 メモリ10GB

ADドメイン
SCCMスキーマ拡張
DNSサーバー
サイトDBサーバー
管理ポイント
配布ポイント
をすべて一台のサーバーに集約します。

クライアントはVISTA、7、8.1を用意してインベントリの収集するところまで構築します。

使用環境は以下のようになります。
----------------------------------------------------------------
OS:Windows Server 2012 (IP 10.0.0.1)
DB:SQL Server 2012
SCCM:System Center 2012 Configuration Manager R2
Client:Windows Vista Ultimate x86, Windows 7 Ultimate x64, Windows 8.1 Enterprise x64
----------------------------------------------------------------
ドメイン名:hopu2012.local 運用NW 10.0.0.1~10.0.0.254
----------------------------------------------------------------

製品版を所有していなくても検証用に以下のサイトよりダウンロードできます。

Windows Server 2012
http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/hh670538.aspx

Microsoft® SQL Server® 2012 x64
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=29066

System Center 2012 Configuration Manager R2
http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/dn205297.aspx

1.クライアントの手動インストールの注意点

前提条件
-----------------------------------------
SCCM2012R2インストール済み
境界作成済み
境界グループ作成済み
ADシステム探索構成済み
ADユーザー、グループ探索構成済み
クライアントプッシュインストールアカウント設定済み
クライアントエージェントインストール済み
-----------------------------------------

手動インストール時に用いるコマンドでお気づきかもしれませんが・・

\\<SCCMサーバー>\SMS_<サイトコード>\Client\ccmsetup.exe /mp:<SCCMサーバー名> SMSSITECODE=<SiteCode> SMSMP=<SCCMサーバー FQDN>

↓ ここでは以下のように入力します。

C:\Users\canary>\\server2012-1\sms_H01\client\ccmsetup.exe /mp:server2012-1 smssitecode=H01 smsmp=server2012-1.hopu2012.local

直接アクセスして開くこともできます。
Win2012_SCCM_2012R2_マスタ用_001

ここにファイルが格納されています。

全コピーしてローカルから実行しても構いませんが、パス名などを間違わないように・・

跡は、SCCMインストールメディアにもccmsetup.exeは格納されていますが使用しないでください。

一部のファイルが不足している可能性があります。
Win2012_SCCM_2012R2_マスタ用_002 

2.MASTER OSイメージへのインストール

sysprepにてOS情報の一般化をし、OS展開をしたい場合はドメインにも参加させません。

イメージングを行う前に自動的に組み込まれた信頼キーを削除しておく必要があります。

マスターPCにSCCMクライアントエージェントを手動でインストール場合には、SMSSITECODEオプションは使用してはいけません。

前の手順を参考に手動インストールを行います。

完了後、コマンドプロンプトにて
「 net stop ccmexec 」と入力します。

サービスを停止したことを確認します。

コマンドをさらに入力します。

「 cd c:\Windows\ccmsetup 」

キーの削除をします。

コマンド

「 CCMSetup RESETKEYINFORMATION = TRUE 」

コマンドが正常終了後に ImageX などを使用してイメージングを実施してください。







テーマ:Windows Server 2012 - ジャンル:コンピュータ


  1. 2014/04/03(木) 19:30:49|
  2. Windows Server 2012
  3. | トラックバック:0

Windows Server 2012 SCCM 2012R2 クライアントの手動インストール




にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

Windows Server 2012 SCCM 2012R2 クライアントの手動インストール

SCCM構築シリーズ(Microsoft System Center 2012 Configuration Manager R2)

Microsoft System Center 2012 Configuration Manager R2 構築

ITリソースを効率的かつ包括的に構成管理することができるSCCMを構築します。

大別すると以下のような機能を備えます。

1.電源管理とシステム構成の監査
2.クライアントの標準化
3.モバイルデバイス管理
4.構成情報・利用状況収集
5.ヘルプデスク支援
6.高度なレポート機能
7.セキュリティ対策
8.アプリ&更新プログラム配布

ここではスタンドアロン プライマリサイトの構成をします。

こちらの検証用ハードウェァリソースが不足していますので、

CPU i5 メモリ10GB

ADドメイン
SCCMスキーマ拡張
DNSサーバー
サイトDBサーバー
管理ポイント
配布ポイント
をすべて一台のサーバーに集約します。

クライアントはVISTA、7、8.1を用意してインベントリの収集するところまで構築します。

使用環境は以下のようになります。
----------------------------------------------------------------
OS:Windows Server 2012 (IP 10.0.0.1)
DB:SQL Server 2012
SCCM:System Center 2012 Configuration Manager R2
Client:Windows Vista Ultimate x86, Windows 7 Ultimate x64, Windows 8.1 Enterprise x64
----------------------------------------------------------------
ドメイン名:hopu2012.local 運用NW 10.0.0.1~10.0.0.254
----------------------------------------------------------------

製品版を所有していなくても検証用に以下のサイトよりダウンロードできます。

Windows Server 2012
http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/hh670538.aspx

Microsoft® SQL Server® 2012 x64
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=29066

System Center 2012 Configuration Manager R2
http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/dn205297.aspx

1.クライアントの手動インストール

前提条件
-----------------------------------------
SCCM2012R2インストール済み
境界作成済み
境界グループ作成済み
ADシステム探索構成済み
ADユーザー、グループ探索構成済み
クライアントプッシュインストールアカウント設定済み
クライアントエージェントインストール済み
-----------------------------------------

手動インストールの機会はかなり多いと思いますので覚えておきましょう。

ADから検索ができないWORKGROUP環境を管理するときや、
本番環境で大量のコンピューターに一斉にプッシュインストールの実行は現実的ではありません。

クライアントにAdministrators権限を持つアカウントでログインします。

ファイル名を指定して実行かコマンドプロンプトにて以下のコマンドを入力します。

\\<SCCMサーバー>\SMS_<サイトコード>\Client\ccmsetup.exe /mp:<SCCMサーバー名> SMSSITECODE=<SiteCode> SMSMP=<SCCMサーバー FQDN>

↓ ここでは以下のように入力します。

C:\Users\canary>\\server2012-1\sms_H01\client\ccmsetup.exe /mp:server2012-1 smssitecode=H01 smsmp=server2012-1.hopu2012.local
Win2012_SCCM_2012R2_CT_手動Install_01 
ネットワークパスワードの入力画面ではドメイン名\Administratorを入力します
Win2012_SCCM_2012R2_CT_手動Install_06

Win2012_SCCM_2012R2_CT_手動Install_07


ユーザーアカウント制御画面が表示された場合には、はいを選択します。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_手動Install_08

タスクマネージャーを選択し、プロセスを確認します。

ccmsetup.exe プロセスが存在することを確認します。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_手動Install_10

インストールが完了するとプロセスが終了します。

サービス CcmExec が実行中になっているとこを確認します。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_手動Install_03 
WORKGROUP環境のクライアントは、手動インストールを行ってもSCCMサーバーから自動的に承認されません。

そのため、クライアントエージェントは有効になりません。

操作タブは以下のように少ない状態となります。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_手動Install_12

2.Configuration Managerコンソールによる承認


サーバー側から承認する必要があります。

資産とコンプライアンス、デバイス、すべてのデバイスでクライアントを右クリックします。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_手動Install_04
       
承認を選択します。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_手動Install_13

はいを選択します。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_手動Install_14

同じ画面でクライアントのプロパティを開きます。承認済みの値が「承認済み」であることを確認します。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_手動Install_15 

クライアント側に戻ります。

Configuration Managerを起動します。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_手動Install_11

プッシュインストールの時と同様に、全般タブのクライアントプロパティ、コンポーネントタブなどもインストール済になり、操作タブも以下のように承認後は操作メニューが制限されなくなりました。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_手動Install_16







テーマ:Windows Server 2012 - ジャンル:コンピュータ


  1. 2014/04/02(水) 19:30:06|
  2. Windows Server 2012
  3. | トラックバック:0

Windows Server 2012 SCCM 2012R2 クライアントの確認




にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

Windows Server 2012 SCCM 2012R2 クライアントの確認

SCCM構築シリーズ(Microsoft System Center 2012 Configuration Manager R2)

Microsoft System Center 2012 Configuration Manager R2 構築

ITリソースを効率的かつ包括的に構成管理することができるSCCMを構築します。

大別すると以下のような機能を備えます。

1.電源管理とシステム構成の監査
2.クライアントの標準化
3.モバイルデバイス管理
4.構成情報・利用状況収集
5.ヘルプデスク支援
6.高度なレポート機能
7.セキュリティ対策
8.アプリ&更新プログラム配布

ここではスタンドアロン プライマリサイトの構成をします。

こちらの検証用ハードウェァリソースが不足していますので、

CPU i5 メモリ10GB

ADドメイン
SCCMスキーマ拡張
DNSサーバー
サイトDBサーバー
管理ポイント
配布ポイント
をすべて一台のサーバーに集約します。

クライアントはVISTA、7、8.1を用意してインベントリの収集するところまで構築します。

使用環境は以下のようになります。
----------------------------------------------------------------
OS:Windows Server 2012 (IP 10.0.0.1)
DB:SQL Server 2012
SCCM:System Center 2012 Configuration Manager R2
Client:Windows Vista Ultimate x86, Windows 7 Ultimate x64, Windows 8.1 Enterprise x64
----------------------------------------------------------------
ドメイン名:hopu2012.local 運用NW 10.0.0.1~10.0.0.254
----------------------------------------------------------------

製品版を所有していなくても検証用に以下のサイトよりダウンロードできます。

Windows Server 2012
http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/hh670538.aspx

Microsoft® SQL Server® 2012 x64
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=29066

System Center 2012 Configuration Manager R2
http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/dn205297.aspx

1.クライアントのConfiguration Managerの確認

前提条件
-----------------------------------------
SCCM2012R2インストール済み
境界作成済み
境界グループ作成済み
ADシステム探索構成済み
ADユーザー、グループ探索構成済み
クライアントプッシュインストールアカウント設定済み
クライアントエージェントインストール済み
-----------------------------------------

コントロールパネル、システムとセキュリティを開きます。

Configuration Managerアイコンを選択します。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_確認_01

全般タブでクライアントのプロパティ内に、以下の項目が表示されていることを確認します。
[クライアント証明書]
[サイトコード]
[バージョン]
[割り当てられた管理ポイント]
[固有な識別子]
[接続の種類]

Win2012_SCCM_2012R2_CT_確認_02

コンポーネントタブではステータスがインストール済になっているか確認します。1/2
Win2012_SCCM_2012R2_CT_確認_03

2/2
Win2012_SCCM_2012R2_CT_確認_04

操作タブです。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_確認_05

サイトタブです。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_確認_06

サーバー側で確認するとプッシュインストールをしたコンピューターの情報が表示されます。
クライアントの種類:コンピューター
クライアント:はい
サイトコード:H01
クライアントアクティビティ:アクティブ
になっていることを確認します。
Win2012_SCCM_2012R2_CT_確認_07

VISTAクライアント
Win2012_SCCM_2012R2_CT_確認_08








テーマ:Windows Server 2012 - ジャンル:コンピュータ


  1. 2014/04/01(火) 19:30:15|
  2. Windows Server 2012
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ


サイトマップ・お奨め記事

CentOS7 まとめ
Ubuntu14 まとめ
Ubuntu12用無線アダプタ紹介
Ubuntu12 まとめ
Server 2008R2 まとめ
SCCM2012R2 まとめ
Windows10 アップグレード
Windows7 まとめ
Windows7 SSD まとめ
Windows8 まとめ
EaseUS Todo Backup Server
Linux Destbision まとめ
Linuxコマンド関連Index
Zorin8.1まとめ
Fedora17まとめ
Fedora15まとめ
VB Script まとめ
USB3.0で快適バックアップ
リンク集・メール


スポンサードリンク


リンク


サイト登録Paseon

・はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -

・Fedoraで自宅サーバー構築

・CentOSで自宅サーバー構築

・ぼくんちのTV別館

・ネットセキュリティブログ

・まとめ横丁

・オールフリーソフト


相互リンク更新情報
BookMark
GPUベンチマーク(ドスパラ)
VMware OS仮想化
EaseUS
Fedora releases ISO
【Http外部からの表示確認】
ポートスキャンチェック
IPA情報処理推進機構
無料DNS ieServer
無料DNS-MyDNS
yahooログイン履歴チェック
メール不正中継拒否テスト
Fedora Project
allbootdisks
Edy Viewer
ESXi動作実績ハードウェア@Wiki
IEEE Standards

---ライセンス認証解除系リンク---
ShadowProtect Personal
.NET製品
弥生



--所有サーバーWiki--
NEC Express5800/S70
HP ProLiant ML110G5
PRIMERGY TX100 S3

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

Linux (45)
Linux-CentOS7 (70)
Linux-Ubuntu14.04 (87)
Linux-Ubuntu12.04 (76)
Linux-Zorin8.1 (36)
Linux-Fedoras.soft (19)
Linux-Fedora18 (11)
Linux-Fedora17 (39)
Linux-Fedora15 (60)
Linux-Fedora11 (36)
Linux-Fedora16 (1)
Linux-Security (3)
Linux/Unix シェル (38)
Linux Distribution (53)
仮想OS (31)
Windows Server 2008 (254)
Windows Server 2012 (30)
Windows Server コマンド (39)
Windows Server アプリ (14)
Windows (40)
Windows 10 (3)
Windows 7 (59)
Windows 8 (257)
Windowsアプリ (23)
Windows 8 アプリ (29)
Windows レジストリ (6)
Windows BAT (17)
ネットワーク (5)
MySQL (1)
ニュース (8)
ハードウェア (11)
Windows VBScript-Basp21 (1)
VBScript (29)
Windows Vista (1)
Windows グループポリシー (3)
Security (6)
未分類 (4)
クールなアイテムまとめ (5)
Game (1)
PowerShell (4)


Linux ブログランキングへ

カテゴリ2

SCCM Backup 遠隔操作 VirtualBox FeliCaポート/パソリ ESXi 

カウンター

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>



フィードメーター - ほぷぅ(。・ω・) ノ PCまとめ Linux,Win,自宅サ..


Windows ブログランキングへ

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

 



Linux ブログランキングへ





<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>

<%plugin_third_content>

<%plugin_third_description2>