ブログパーツ アクセスランキング
インフラ情報まとめ
アクセスランキング
サーバー、クライアント関係の構築、運用等のまとめ書きです。旧名 ほぷぅ(。・ω・)ノPCまとめ

スポンサーサイト




にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Windows FQDNを表示するコマンド(net config)




にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

Windows FQDNを表示するコマンド(net config)

Fully Qualified Domain Name(フリー・クオリファイド・ドメイン・ネーム)または完全修飾ドメイン名(かんぜんしゅうしょくドメインめい)を表示するコマンドです。
C:\Users\mokyu>net config workstation
コンピューター名                                  \\DCOS1
フル コンピューター名                             DCOS1.hopu.local
ユーザー名                                        mokyu
 
アクティブなネットワーク (ワークステーション)
        NetBT_Tcpip_{0EF95118-3BF8-4A66-94FA-EA5FE2A41C97} (000C29FBA076)
 
ソフトウェア バージョン                           Windows Server 2008 R2 Datacen
 
ワークステーション ドメイン                       HOPU
ワークステーション ドメイン DNS 名                hopu.local
ログオン ドメイン                                 HOPU
 
COM デバイス オープン タイムアウト (秒)           0
COM デバイス送信バイト数 (バイト)                 16
COM デバイス送信タイムアウト (ミリ秒)             250
コマンドは正常に終了しました。




スポンサーサイト



テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ


  1. 2015/05/08(金) 19:30:00|
  2. Windows Server コマンド
  3. | トラックバック:0

Windows Server 2008R2 リモートシャットダウン、再起動(shutdown)




にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

Windows Server 2008R2 リモートシャットダウン、再起動(shutdown)

ログオンしているサーバーから、他のサーバー等をシャットダウン、再起動する方法です。

再起動
C:\>shutdown /r /f /t 0 /m \\fukuoka

シャットダウンの場合 /d 以降は省略可です。
C:\>shutdown /s /f /t 0 /m \\fukuoka /d u:0:5

/d は説明をログに残しておくことができます。

Windows2008R2_12_運用_リモートサーバー再起動・電源断_001 
    /d [p|u:]xx:yy  再起動またはシャットダウンの理由を指定します。
               p は再起動またはシャットダウンが計画されていることを示します。
               u は理由がユーザーにより定義されることを示します。
               p と u のどちらも指定されていない場合は、再起動または
               シャットダウンは計画されていません。
               xx は主因の番号です (256 未満の正の整数)。
               yy は副因の番号です (65536 未満の正の整数)。
 
理由:
(E = 予期していた理由 U = 予期していない理由 P = 計画済み, C = ユーザー定義)
種類    主因    副因    タイトル
 
 U      0       0       その他 (計画外)
E       0       0       その他 (計画外)
E P     0       0       その他 (計画済)
 U      0       5       その他の障害: システム応答なし
E       1       1       ハードウェア: メンテナンス (計画外)
E P     1       1       ハードウェア: メンテナンス (計画済)
E       1       2       ハードウェア: インストール (計画外)
E P     1       2       ハードウェア: インストール (計画済)
E       2       2       オペレーティング システム: 回復 (計画済)
E P     2       2       オペレーティング システム: 回復 (計画済)
  P     2       3       オペレーティング システム: アップグレード (計画済)
E       2       4       オペレーティング システム: 再構成 (計画外)
E P     2       4       オペレーティング システム: 再構成 (計画済)
  P     2       16      オペレーティング システム: Service pack (計画済)
        2       17      オペレーティング システム: ホットフィックス (計画外)
  P     2       17      オペレーティング システム: ホットフィックス (計画済)
        2       18      オペレーティング システム: セキュリティ フィックス (計画
外)
  P     2       18      オペレーティング システム: セキュリティ フィックス (計画
済)
E       4       1       アプリケーション: メンテナンス (計画外)
E P     4       1       アプリケーション: メンテナンス (計画済)
E P     4       2       アプリケーション: インストール (計画済)
E       4       5       アプリケーション: 応答なし
E       4       6       アプリケーション: 不安定
 U      5       15      システム障害: STOP エラー
 U      5       19      セキュリティの問題
E       5       19      セキュリティの問題
E P     5       19      セキュリティの問題
E       5       20      ネットワーク接続の損失 (計画外)
 U      6       11      電源障害: コードが抜けました
 U      6       12      電源障害: 環境
  P     7       0       レガシ API シャットダウン

ハードウェアメンテナンス(計画済)にしたい場合は、以下のようにします。
C:\>shutdown /s /f /t 0 /m \\fukuoka /d p:1:1

イベントログにもそのように記録されました。
Windows2008R2_12_運用_リモートサーバー再起動・電源断_002






テーマ:Windows Server 2008 - ジャンル:コンピュータ


  1. 2015/04/29(水) 19:30:00|
  2. Windows Server コマンド
  3. | トラックバック:0

Windows Server 2008R2 コマンドDNS管理(DNSCMD)




にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

Windows Server 2008R2 コマンドDNS管理(DNSCMD)

DnsCmdを使ったゾーンの管理方法の紹介です。
 /Info サーバー情報を取得します。
C:\>dnscmd /info
 
クエリ結果:
 
サーバー情報
        サーバー名               = DCOS1.hopu.local
        バージョン               = 1DB10106 (6.1 build 7601)
        DS コンテナー              = cn=MicrosoftDNS,cn=System,DC=hopu,DC=local
        フォレスト名             = hopu.local
        ドメイン名               = hopu.local
        組み込みフォレスト パーティション = ForestDnsZones.hopu.local
        組み込みドメイン パーティション = DomainDnsZones.hopu.local
        読み取り専用 DC          = 0
        前回の清掃サイクル       = 再起動以後実行なし (0)
  構成:
        dwLogLevel               = 00000000
        dwDebugLevel             = 00000000
        dwRpcProtocol            = 00000005
        dwNameCheckFlag          = 00000002
        cAddressAnswerLimit      = 0
        dwRecursionRetry         = 3
        dwRecursionTimeout       = 8
        dwDsPollingInterval      = 180
  構成フラグ:
        fBootMethod                  = 3
        fAdminConfigured             = 1
        fAllowUpdate                 = 1
        fDsAvailable                 = 1
        fAutoReverseZones            = 1
        fAutoCacheUpdate             = 0
        fSlave                       = 0
        fNoRecursion                 = 0
        fRoundRobin                  = 1
        fStrictFileParsing           = 0
        fLooseWildcarding            = 0
        fBindSecondaries             = 0
        fWriteAuthorityNs            = 0
        fLocalNetPriority            = 1
  エージング構成:
        ScavengingInterval           = 0
        DefaultAgingState            = 0
        DefaultRefreshInterval       = 168
        DefaultNoRefreshInterval     = 168
  サーバー アドレス:
 
        ポインター     = 00000000003825F0
        最大数       = 1
        アドレス数   = 1
                アドレス[0] => af=2, salen=16, [sub=0, flag=00000000] p=13568, a
ddr=192.168.100.254
 
  リッスン アドレス:
        IP 配列が NULL です。
  フォワーダー:
        IP 配列が NULL です。
        転送タイムアウト = 3
        スレーブ         = 0
コマンドは正常に終了しました。
 /Config サーバー構成またはゾーン構成をリセットします。
C:\>dnscmd /Config
 
使用法: DnsCmd <サーバー名> /Config <ゾーン名> <プロパティ> <値>
  Server <プロパティ>:
    /RpcProtocol
    /LogLevel
    /LogFilePath <ログ ファイル名>
    /LogIPFilterList <IP の一覧>
    /LogFileMaxSize
    /EventlogLevel
    /NoRecursion
    /BootMethod
    /ForwardDelegations
    /ForwardingTimeout
    /EnableGlobalQueryBlockList
    /EnableGlobalNamesSupport
    /GlobalQueryBlockList
    /GlobalNamesQueryOrder
    /GlobalNamesBlockUpdates
    /IsSlave
    /SecureResponses
    /RecursionRetry
    /RecursionTimeout
    /MaxCacheTtl
    /MaxCacheSize
    /MaxNegativeCacheTtl
    /RoundRobin
    /LocalNetPriority
    /AddressAnswerLimit
    /BindSecondaries
    /WriteAuthorityNs
    /NameCheckFlag
    /StrictFileParsing
    /UpdateOptions
    /DisableAutoReverseZones
    /SendPort
    /XfrConnectTimeout
    /DsPollingInterval
    /DsTombstoneInterval
    /ScavengingInterval
    /DefaultAgingState
    /DefaultNoRefreshInterval
    /DefaultRefreshInterval
    /EnableDnsSec
    /EnableEDnsProbes
    /EDnsCacheTimeout
    /DisableNSRecordsAutoCreation
    /CacheLockingPercent
    /SocketPoolExcludedPortRanges
  Zone <プロパティ>:
    /SecureSecondaries
    /AllowUpdate <値>
       <値> -- 0: 更新なし、1: セキュリティで保護されていない更新、
               2: セキュリティで保護された更新のみ
    /Aging
    /RefreshInterval <値>
    /NoRefreshInterval <値>
    /ForwarderTimeout <値>
    /ForwarderSlave <値>
    /AllowNSRecordsAutoCreation <IP の一覧>
  <値>: 新しいプロパティの値。16 進値を指定するには、プレフィックス 0x を
    使用します。サーバーおよびゾーンの DWORD プロパティの中には、複雑な操作の
    実行時にリセットが必要になるものもあります。
コマンドを実行できませんでした: ERROR_INVALID_PARAMETER     87    0x57
 
必要な引数とコマンドの形式を確認してください。
 /ZoneInfo ゾーン情報を表示します。
C:\>dnscmd /Zoneinfo hopu.local
 
ゾーン クエリ結果:
 
ゾーン情報:
        ポインター              = 00000000001B2210
        ゾーン名              = hopu.local
        ゾーンの種類          = 1
        シャットダウン        = 0
        一時停止              = 0
        更新                  = 2
        DS 統合               = 1
        読み取り専用ゾーン    = 0
        DS 読み込みキュー内   = 0
        現在読み込み中の DS   = 0
        データ ファイル       = (null)
        WINS の使用           = 0
        Nbstat の使用         = 0
        エージング            = 0
          更新間隔            = 168
          更新なし            = 168
          利用可能な清掃      = 0
        ゾーン マスター         IP 配列が NULL です。
        ゾーン セカンダリ       IP 配列が NULL です。
        安全な秒数            = 3
        ディレクトリ パーティション = AD-Domain     フラグ 00000015
        ゾーン DN             = DC=hopu.local,cn=MicrosoftDNS,DC=DomainDnsZones,
DC=hopu,DC=local
コマンドは正常に終了しました。
 /ZoneInfo ゾーン情報を表示します。(逆引き)
C:\>dnscmd /Zoneinfo 1.168.192.in-addr.arpa
 
ゾーン クエリ結果:
 
ゾーン情報:
        ポインター              = 00000000001D2A20
        ゾーン名              = 1.168.192.in-addr.arpa
        ゾーンの種類          = 1
        シャットダウン        = 0
        一時停止              = 0
        更新                  = 1
        DS 統合               = 1
        読み取り専用ゾーン    = 0
        DS 読み込みキュー内   = 0
        現在読み込み中の DS   = 0
        データ ファイル       = (null)
        WINS の使用           = 0
        Nbstat の使用         = 0
        エージング            = 0
          更新間隔            = 168
          更新なし            = 168
          利用可能な清掃      = 0
        ゾーン マスター         IP 配列が NULL です。
        ゾーン セカンダリ       IP 配列が NULL です。
        安全な秒数            = 3
        ディレクトリ パーティション = AD-Forest     フラグ 00000019
        ゾーン DN             = DC=1.168.192.in-addr.arpa,cn=MicrosoftDNS,DC=For
estDnsZones,DC=hopu,DC=local
コマンドは正常に終了しました。
 /ZoneAdd DNSサーバー上に新しいゾーンを作成します。
C:\>dnscmd /ZoneAdd hopu.fam.cx /DsPrimary
DNS サーバー . のバージョンは 6.1.7601
 
組み込みドメイン ディレクトリ パーティションにゾーンを作成しています...
DNS サーバー . でゾーン hopu.fam.cx が作成されました:
 
コマンドは正常に終了しました。
WindowsServer2008R2_20_DNS_2_DNSCMD(ゾーンの追加)_001
作成されました。
WindowsServer2008R2_20_DNS_2_DNSCMD(ゾーンの追加)_002

 
/ZoneDelete DNSサーバーまたはActive Directoryからゾーンを削除します。
C:\>dnscmd /ZoneDelete hopu.fam.cx /DsDel
DS からゾーンを削除しますか? (Y/N)y
 
 
DNS サーバー . でゾーン hopu.fam.cx が削除されました:
    状態 = 0 (0x00000000)
コマンドは正常に終了しました。
 /RecordAdd ゾーンまたはルートヒントにレコードを作成します。
C:\>dnscmd hopu.local /RecordAdd hopu.local HOPU-CL-WIN8 /Aging /CreatePTR A 192.168.1.16
 
hopu.local に HOPU-CL-WIN8.hopu.local の A レコードを追加します
コマンドは正常に終了しました。

  レコードが作成されました。WindowsServer2008R2_20_DNS_2_DNSCMD(ゾーンの追加)_003






テーマ:Windows Server 2008 - ジャンル:コンピュータ


  1. 2015/03/24(火) 19:30:00|
  2. Windows Server コマンド
  3. | トラックバック:0
次のページ


サイトマップ・お奨め記事

CentOS7 まとめ
Ubuntu14 まとめ
Ubuntu12用無線アダプタ紹介
Ubuntu12 まとめ
Server 2008R2 まとめ
SCCM2012R2 まとめ
Windows10 アップグレード
Windows7 まとめ
Windows7 SSD まとめ
Windows8 まとめ
EaseUS Todo Backup Server
Linux Destbision まとめ
Linuxコマンド関連Index
Zorin8.1まとめ
Fedora17まとめ
Fedora15まとめ
VB Script まとめ
USB3.0で快適バックアップ
リンク集・メール


スポンサードリンク


リンク


サイト登録Paseon

・はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -

・Fedoraで自宅サーバー構築

・CentOSで自宅サーバー構築

・ぼくんちのTV別館

・ネットセキュリティブログ

・まとめ横丁

・オールフリーソフト


相互リンク更新情報
BookMark
GPUベンチマーク(ドスパラ)
VMware OS仮想化
EaseUS
Fedora releases ISO
【Http外部からの表示確認】
ポートスキャンチェック
IPA情報処理推進機構
無料DNS ieServer
無料DNS-MyDNS
yahooログイン履歴チェック
メール不正中継拒否テスト
Fedora Project
allbootdisks
Edy Viewer
ESXi動作実績ハードウェア@Wiki
IEEE Standards

---ライセンス認証解除系リンク---
ShadowProtect Personal
.NET製品
弥生



--所有サーバーWiki--
NEC Express5800/S70
HP ProLiant ML110G5
PRIMERGY TX100 S3

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

Linux (45)
Linux-CentOS7 (70)
Linux-Ubuntu14.04 (87)
Linux-Ubuntu12.04 (76)
Linux-Zorin8.1 (36)
Linux-Fedoras.soft (19)
Linux-Fedora18 (11)
Linux-Fedora17 (39)
Linux-Fedora15 (60)
Linux-Fedora11 (36)
Linux-Fedora16 (1)
Linux-Security (3)
Linux/Unix シェル (38)
Linux Distribution (53)
仮想OS (31)
Windows Server 2008 (254)
Windows Server 2012 (30)
Windows Server コマンド (39)
Windows Server アプリ (14)
Windows (40)
Windows 10 (3)
Windows 7 (59)
Windows 8 (257)
Windowsアプリ (23)
Windows 8 アプリ (29)
Windows レジストリ (6)
Windows BAT (17)
ネットワーク (5)
MySQL (1)
ニュース (8)
ハードウェア (11)
Windows VBScript-Basp21 (1)
VBScript (29)
Windows Vista (1)
Windows グループポリシー (3)
Security (6)
未分類 (4)
クールなアイテムまとめ (5)
Game (1)
PowerShell (4)


Linux ブログランキングへ

カテゴリ2

SCCM Backup 遠隔操作 VirtualBox FeliCaポート/パソリ ESXi 

カウンター

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>



フィードメーター - ほぷぅ(。・ω・) ノ PCまとめ Linux,Win,自宅サ..


Windows ブログランキングへ

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

 



Linux ブログランキングへ





<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>

<%plugin_third_content>

<%plugin_third_description2>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。