ブログパーツ アクセスランキング
インフラ情報まとめ
アクセスランキング
サーバー、クライアント関係の構築、運用等のまとめ書きです。旧名 ほぷぅ(。・ω・)ノPCまとめ

スポンサーサイト




にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

正規表現




にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

星 正規表現 検索や置換を行う


RegExp 1


1 変数


myStrの文字列の中のWindowsの位置を返します

------------------------------------------------

myStr = "WindowsXP WindowsVista Windows7"
set objRE = New RegExp
objRE.Pattern = "Windows"
objRE.IgnoreCase = True
objRE.Global = True
Set Matches = objRE.EXecute(myStr)
For Each Match in Matches
str = str & "位置(" & Match.FirstIndex & "):"
str = str & Match.Value & vbCR
Next
MsgBox(str)

------------------------------------------------

実行結果

ほぷぅ(。・ω・)-vbs RegExp


星 正規表現 大文字か小文字を区別


1.IgnoreCase [2]


1 RegExp Object

2 True or False (設定する場合)


小文字のwindowsの位置を返す(False)

------------------------------------------------

'Windowsの後ろに任意の2文字が加えられた文字列という条件で検索を行う
myStr = "WindowsXP windows98 WindowsNT"
set objRE = New RegExp
objRE.Pattern = "windows.."
objRE.IgnoreCase = false
objRE.Global = True
Set Matches = objRE.EXecute(myStr)
For Each Match in Matches
str = str & "位置(" & Match.FirstIndex & "):"
str = str & Match.Value & vbCR
Next
MsgBox(str)

------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-vbs ignoreCase

星 正規表現 検索の範囲を取得・設定したい


1.Global (2)


1 RegExp Object

2 True or False (設定する場合)


------------------------------------------------

'最初の一致のみ検索

myStr = "WindowsXP windows95 WindowsNT"
set objRE = New RegExp
objRE.Pattern = "windows.."
objRE.IgnoreCase = true
objRE.Global = false
Set Matches = objRE.EXecute(myStr)
For Each Match in Matches
str = str & "位置(" & Match.FirstIndex & "):"
str = str & Match.Value & vbCR
Next
MsgBox(str)

------------------------------------------------

実行結果

ほぷぅ(。・ω・)-vbs Global


星 正規表現 一致する文字列があるか調べます


1.Test(2)


1 RegExp Object

2 検索対象の文字列


VBScript or JAVAScript と一致するかテストします

------------------------------------------------

'最初の一致のみ検索

set objRE = New RegExp
objRE.Pattern = "(VB|JAVA)Script"
myVal = objRE.Test("これはVBScriptサンプルです")
If myVal Then
MsgBox("一致する文字列が見つかりました")
Else
MsgBox("一致する文字列が見つかりません")
End If

------------------------------------------------

実行結果
ほぷぅ(。・ω・)-vbs Test

星 正規表現 Matchオブジェクトの数を調べたい


1.Count


1 Matchesコレクション


Windowsの後ろに任意の2文字が加えられた文字列という条件で検索を行います

------------------------------------------------

'ExcuteメソッドはMatchオブジェクトのコレクションであるMatchesコレクションを返します


myStr = "WindowsXP Windows95 WindowsNT"
set objRE = New RegExp
objRE.Pattern = "windows.."
objRE.IgnoreCase = True
objRE.Global = True
Set Matches = objRE.EXecute(myStr) 'Matchesコレクションを取得
MsgBox(Matches.Count & "個の文字列が一致しました")

------------------------------------------------

実行結果

ほぷぅ(。・ω・)-vbs Count

星 正規表現 Matchオブジェクトを参照したい


1.Item(2)


1 Matchesコレクション

2 インデックス番号


windowsの後に任意の二文字が加えられた文字列を検索し3つ目のmatchオブジェクトの情報を表示

------------------------------------------------
myStr = "WindowsXP Windows95 WindowsNT"
set objRE = New RegExp
objRE.Pattern = "windows.."
objRE.IgnoreCase = True
objRE.Global = True
Set Matches = objRE.EXecute(myStr) 'Matchesコレクションを取得
MsgBox("位置(" & Matches.Item(1).FirstIndex & "):" &_
Matches.Item(2).Value)

------------------------------------------------

実行結果
ほぷぅ(。・ω・)-vbs Item

星 正規表現 検索や置換を行う際のパターンを取得・設定したい


1.Pattern(2)


1 RegExp Object

2 正規表現のパターン(設定する場合)


------------------------------------------------

myStr = "WindowsXP Windows95 WindowsNT"
set objRE = New RegExp
objRE.Pattern = "windows.."
objRE.IgnoreCase = True
objRE.Global = True
Set Matches = objRE.EXecute(myStr) 'Matchesコレクションを取得
For Each Match in Matches 'コレクションからMatchオブジェクトを取得
str = str & "位置(" & Match.FirstIndex & "):"
str = str & Match.Value & vbCR 'Value 一致した文字列を返す
Next
MsgBox(str)

------------------------------------------------

実行結果

ほぷぅ(。・ω・)-vbs Pattern

星 正規表現 検出された文字列の位置を求めたい


1.FirstIndex


1 Matchオブジェクト


最初の一致のみ検索して表示します

------------------------------------------------

mystr = "これはVBScriptサンプルです"
set objRE = New RegExp
objRE.Pattern = "(VB|JAVA)Script"
objRE.IgnoreCase = True
objRE.Global = True
Set Matches = objRE.Execute(myStr)
For Each Match in Matches
str = str & "位置(" & Match.FirstIndex & "):"
str = str & Match.Value & vbCR
Next
MsgBox(str)

------------------------------------------------

実行結果
ほぷぅ(。・ω・)-vbs FirstIndex

星 正規表現 検出された文字列の長さを求めたい


1.Length


1 Match Object


Bの後ろに一つ以上のeが繋がり,その後にpがある文字列を検索して見つかった文字列と長さを表示

------------------------------------------------

mystr = "Beep Beeeep Seep Beeeeeeeeeeeeep"
set objRE = New RegExp
objRE.Pattern = "Be+p"
objRE.IgnoreCase = True
objRE.Global = True
Set Matches = objRE.Execute(myStr)
For Each Match in Matches
str = str & Match.Value &_
"(" & Match.Length & "文字)" & vbCR
Next
MsgBox(str)

------------------------------------------------

実行結果
ほぷぅ(。・ω・)-vbs Length

星 正規表現 検索で一致した文字列を置換したい


1.Replace(2,3)


1 RegExp Object

2 検索対象文字列

3 置換後の文字列


------------------------------------------------

'条件に一致したら置換

mystr = "Ie8とIE9の違いは?"
repStr = "Internet Explorer"
set objRE = New RegExp
objRE.Pattern = "ie"
objRE.IgnoreCase = True
objRE.Global = True
newStr = objRE.Replace(myStr,repStr)
MsgBox("文字列:" & myStr & vbCR & "置換後:" & newStr)

------------------------------------------------

実行結果
ほぷぅ(。・ω・)-vbs Replace




スポンサーサイト



テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ


  1. 2010/08/28(土) 09:26:46|
  2. VBScript
  3. | トラックバック:0

ドライブ関係1




にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

ドライブが存在するかどうかを調べる


1.DriveExists(2)


1 FileSystemObject

2 ドライブ名


入力されたドライブが存在するか表示(。・3・)

-------------------------------------------------

strPath = InputBox("確認するドライブ","確認","c:")
Set objFS = Createobject("Scripting.FileSystemobject")
If objFS.DriveExists(strPath) Then
MsgBox(strPath & " ドライブは存在します。")
Else
MsgBox(strPath & " ドライブは存在しません。")
End If

-------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-DriveExists1

ほぷぅ(。・ω・)-DriveExists2


使用可能なすべてのドライブが存在するかどうかを調べる


1.Drives


1 FileSystemObject


ローカルマシンで利用可能なすべてのDrive一覧を表示します

準備がてきているのはTrue できていないのはFasleを表示します・・

-------------------------------------------------

str = "ドライブ情報" & vbCR
Set objFS = Createobject("Scripting.FileSystemobject")
For Each objDrive In objFS.Drives
str = str & objDrive.driveLetter & " - "
str = str & objdrive.IsReady & vbCR
Next
MsgBox str

-------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-Drives

Driveオブジェクトを取得したい


1.GetDrive(2)


1 FileSystemObject

2 ドライブ名


ネットワーク共有名が指定された場合も調査できる。


ドライブの情報を表示します

-------------------------------------------------

'a = InputBox("0~2を入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strDrive = objFS.GetDriveName("c:\newfolder")
Set objDrive = objFS.GetDrive(strDrive)
MsgBox(strDrive & "ドライブの情報" & vbCR &_
"ファイルシステム:" & objDrive.FileSystem & vbCR &_
"ボリューム名:" & objDrive.VolumeName & vbCR &_
"シリアルナンバー:" & objDrive.SerialNumber)
-------------------------------------------------

実行結果

ほぷぅ(。・ω・)-DriveObject


Driveの数 使用可能な数を調べる


1.Count


1 Drivesコレクション

リムーバブルもメディアが挿入されてなくてもDRIVESコレクションには含まれる


利用可能なドライブ数を表示します

-------------------------------------------------
'a = InputBox("0~2を入力")

str = "ドライブ情報" & vbCR
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objDc = objFS.Drives
MsgBox("ドライブ数:" & objDC.Count)

-------------------------------------------------

実行結果

ほぷぅ(。・ω・)-DriveCount


Driveの種類を調べたい


1.DriveType


1 Drivesオブジェクト


指定したドライブの種類を表示します

-------------------------------------------------

'指定されたドライブの種類を示す値を返す
'a = InputBox("0~2を入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strDrive = objFS.GetDriveName("c:\")
Set objDrive = objFS.GetDrive(strDrive)
Select Case objDrive.DriveType
Case 0: MsgBox(strDrive & "不明(。・3・)")
Case 1: MsgBox(strDrive & "リムーバブルディスク")
Case 2: MsgBox(strDrive & "ハードディスク")
Case 3: MsgBox(strDrive & "ネットワークドライブ")
Case 4: MsgBox(strDrive & "CD-ROM")
Case 5: MsgBox(strDrive & "RAMディスク")
End Select

-------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-DriveType


Driveの準備ができているか調べる


1.IsReady


1 Drivesオブジェクト


指定したドライブが使用可能か調べます(。・ω・)

-------------------------------------------------

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strDrive = objFS.GetDriveName("r:\")
Set objDrive = objFS.GetDrive(strDrive)
If objDrive.IsReady = False Then
MsgBox(objDrive.DriveLetter & " - 準備ができていません")
Else
MsgBox(objDrive.DriveLetter & " - 稼働中です")
End If

-------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-IsReady


Driveのファイルシステムを調べる


1.FileSystem


1 Drivesオブジェクト


FAT ,NTFS ,CDFSのいずれかを調べて表示します

-------------------------------------------------

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strDrive = objFS.GetDriveName("d:\")
Set objDrive = objFS.GetDrive(strDrive)
MsgBox(objDrive & objDrive.FileSystem)
-------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-FileSystem

Driveの使用可能容量を調べる


1.AvailableSpace


1 Drivesオブジェクト


-------------------------------------------------

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strDrive = objFS.GetDriveName("c:\")
Set objDrive = objFS.GetDrive(strDrive)
MsgBox(objDrive & objDriveLetter & "ドライブで使用可能な領域:" &_
FormatNumber(objDrive.AvailableSpace/1024,0) & "KB")
-------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-Availablespace


Driveのユーザーが使用可能容量を調べる


1.FreeSpace


1 Drivesオブジェクト


空き容量調査(。・ω・)♪

-------------------------------------------------

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strDrive = objFS.GetDriveName("c:\")
Set objDrive = objFS.GetDrive(strDrive)
MsgBox(objDrive & objDriveLetter & "ドライブで使用可能な領域:" &_
FormatNumber(objDrive.FreeSpace/1024,0) & "KB")
-------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-FreeSpace

Driveまたはネットワーク共有の総容量を調べたい


1.TotalSize


1 Drivesオブジェクト


指定したドライブの総容量を表示します

-------------------------------------------------
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strDrive = objFS.GetDriveName("c:\")
Set objDrive = objFS.GetDrive(strDrive)
MsgBox(objDrive.DriveLetter & "ドライブの総容量:" &_
FormatNumber(objDrive.TotalSize/1024,0) & "KB")
-------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-TotalSize


Drive名を調べたい


1.DriveLetter


1 Drivesオブジェクト


指定したドライブのドライブ名を表示します・・・って分かってる気が・・します・・すごく・・

-------------------------------------------------

'ローカルドライブまたはネットワーク共有のドライブ名を返します。
'a = InputBox("0~2を入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strDrive = objFS.GetDriveName("c:\newfolder")
Set objDrive = objFS.GetDrive(strDrive)
MsgBox("ドライブ名:" & objDrive.DriveLetter)
-------------------------------------------------

実行結果

ほぷぅ(。・ω・)-DriveLetter


Driveのネットワーク共有名を調べたい


1.ShareName


1 Drivesオブジェクト


'指定されたドライブのネットワーク共有名を返す

-------------------------------------------------
'a = InputBox("0~2を入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strDrive = objFS.GetDriveName("\\HOPU\share ")
Set objDrive = objFS.GetDrive(strDrive)
MsgBox("共有名:" & objDrive.ShareName)
-------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-ShareName

Driveのボリューム名を取得・設定したい


1.VolumeName [2]


1 Drivesオブジェクト

2 新しいボリューム名


ドライブ名の変更をします

リムーバブルディスクでメディアがセットされていないとエラー


-------------------------------------------------
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strDrive = objFS.GetDriveName("c:\")
Set objDrive = objFS.GetDrive(strDrive)
objDrive.VolumeName = "windows xp"
-------------------------------------------------

実行結果



ほぷぅ(。・ω・)-VoluemeName

Driveのディスクを識別するシリアル番号を調べたい


1.SerialNumber


1 Drivesオブジェクト


リムーバブルディスクでメディアがセットされていないとエラー


-------------------------------------------------

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strDrive = objFS.GetDriveName("c:\")
Set objDrive = objFS.GetDrive(strDrive)
MsgBox(objDrive.DriveLetter & "ドライブのシリアルナンバー" &_
" : " & objDrive.SerialNumber)
-------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-SerialNumber

Driveのパスを調べたい


1.Path


1 Drivesオブジェクト


指定したドライブのパスを返す


c:\newfolderと入力すると c: だけが表示されます

-------------------------------------------------

a = InputBox("ドライブを入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strDrive = objFS.GetDriveName(a)
Set objDrive = objFS.GetDrive(strDrive)
MsgBox(objDrive.Path)
-------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-DrivePath1


ほぷぅ(。・ω・)-DrivePath2








テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ


  1. 2010/08/28(土) 01:40:31|
  2. VBScript
  3. | トラックバック:0

フォルダ関係 Script




にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

フォルダオブジェクトを取得してフォルダの情報を表示


Set 1 = 2.Folder(3)


1 変数

2 FileSystemObject

3 フォルダのパス


フォルダのプロパティを参照する手段や操作するためのメソッドを提供

------------------------------------------------

'a = InputBox("0~2を入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strPath = "c:\newfolder"
Set objFolder = objFS.GetFolder(strPath)
MsgBox(strPath & "のサイズ:" &_
FormatNumber(objFolder.Size/1024,2) & "KB")
------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs folder


フォルダ内にあるすべてのフォルダを参照したい


SubFolders


隠しファイルやシステムファイルの属性も含む

'存在しない場合はエラー

すべてのサブフォルダを表示します(。・ω・)

------------------------------------------------
'a = InputBox("0~2を入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFolder = objFS.GetFolder("C:\Documents and Settings\")
str = objFolder.Path & "内のファイル" & vbCR
For Each objFC in objFolder.SubFolders 'Foldersコレクションを取得
str = str & objFC.Name & vbCR
Next
MsgBox(str)
------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs folders


フォルダ内にあるすべてのファイルを参照したい


1.Files


1 Folderオブジェクト


------------------------------------------------

'隠しファイルやシステムファイルの属性も含む
a = InputBox("フォルダを入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFolder = objFS.GetFolder(a)
str = objFolder.Path & "内のファイル" & vbCR
For Each objFile in objFolder.Files 'Filesコレクションを取得
str = str & objFile.Name & vbCR
Next
MsgBox(str)
------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs files-1

ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs files-2

フォルダ内にあるファイルとフォルダ数を調べたい


1.Count


1 File or Folder コレクション


フォルダの数とファイルの数を返します(。・ω・)=b

------------------------------------------------

'存在しない場合はエラー
a = InputBox("フォルダを入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFolder = objFS.GetFolder(a)
Set objSF = objFolder.SubFolders
Set objFC = objFolder.Files
MsgBox(a & "の情報" & "の情報" & vbCR &_
"フォルダ数:" & objSF.Count & vbCR &_
"ファイル数:" & objFC.Count)

------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs count1

ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs count2

フォルダ内にあるファイルオブジェクトの情報を表示したい


1.Item(2)


1 File or Folder コレクション

2 ファイル名まはたはフォルダ名


'存在しない場合はエラー


指定したFileオブジェクトの情報を表示します

------------------------------------------------

'a = InputBox("フォルダを入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFolder = objFS.GetFolder("c:\newfolder")
Set objFC = objFolder.Files
MsgBox("new1.txt" & "の情報" & "の情報" & vbCR &_
"作成日:" & objFC.Item("new1.txt").DateCreated)

------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs Item


フォルダ内にあるファイルを指定し親フォルダを表示


1.ParentFolder


1 File or Folder Object


指定したフォルダの親フォルダを調べて表示します

------------------------------------------------

'存在しない場合はエラー
'a = InputBox("フォルダを入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFS.GetFile("c:\newfolder\new1.txt")
MsgBox(objFile.Name & "の親フォルダ:" & objFile.ParentFolder)

------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs parentFolder

フォルダがルートなのか調べたい


1.IsRootFolder


1 FolderObject


------------------------------------------------

a = InputBox("フォルダを入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFolder = objFS.GetFolder(a)
If objFolder.IsRootFolder Then
MsgBox(objFolder.Path & "はルートフォルダです。")
Else
MsgBox(objFolder.Path & "はルートフォルダではありません。")
End If

------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs IsRootfolder1

ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs IsRootFolder2

フォルダやファイルの属性を取得・設定したい


1.Attributes [=2]


1 File or Folder Object

2 =0 普通 =1 読みとり専門に設定 =2 隠し =3 1&2 =4 ? =5


指定したファイルやフォルダの属性を変更します

------------------------------------------------

'存在しない場合はエラー
'a = InputBox("ファイルを入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFS.GetFile("c:\newfolder\new1.txt")
objFile.Attributes = 0

------------------------------------------------


フォルダやファイルの種類を調べたい


1.Type


1 File or Folder Object


指定したファイルやフォルダの種類を表示

------------------------------------------------

'存在しない場合はエラー
'a = InputBox("ファイルを入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFolder = objFS.GetFolder("C:\Documents and Settings\Administrator\Favorites")
Set objFile = objFS.GetFile("c:\newfolder\new1.txt")
MsgBox(objFolder.Name & "の種類:" & objFolder.Type & vbCR &_
objFile.Name & "の種類:" & objFile.Type)

------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs Type

フォルダやファイルを指定しその中の合計のサイズをバイト単位で返す


1.Size


1 File or Folder Object


フォルダのサイズを表示

------------------------------------------------

a = InputBox("入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFolder = objFS.GetFolder(a)
MsgBox(objFolder.Path & "のサイズ:" &_
FormatNumber(objFolder.Size/1024,2) & "KB")
------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs size1

ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs size2

フォルダやファイルを指定し作成日時と時刻を調べる


1.DateCreated


1 File or Folder Object


------------------------------------------------

a = InputBox("入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFS.GetFile(a)
MsgBox(objFile.Name & "の情報:" & vbCR &_
"作成日時:" & objFile.DateCreated)
------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs DateCreated1

ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs DateCreated2


フォルダやファイルを指定し最終更新日時と時刻を調べる


1.DateLastModified


1 File or Folder Object


指定したファイルやフォルダが最後に更新された日時を表示します

------------------------------------------------

a = InputBox("入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFS.GetFile(a)
MsgBox(objFile.Name & "の情報:" & vbCR &_
"最終更新日:" & objFile.DatelastModified)
------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs DateLastModified1

ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs DateLastModified2

フォルダやファイルを指定し最終アクセス日を調べる


1.DateLastAccessed


1 File or Folder Object


------------------------------------------------

a = InputBox("入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFS.GetFile(a)
MsgBox(objFile.Name & "の情報:" & vbCR &_
"最終アクセス日:" & objFile.DatelastAccessed)
------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs DateLastAccessed1

ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs DateLastAccessed2

フォルダやファイルを指定し8.3形式の短い名前を返す


1.ShortName


1 File or Folder Object


------------------------------------------------

a = InputBox("入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFS.GetFile(a)
MsgBox("ファイル名 => " & objFile.Name & vbCR &_
"8.3形式 => " & objFile.ShortName)
------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs shortname1

ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs shortname2

フォルダやファイルを指定し8.3形式の短いパスを返す


1 shortPath


1 File or Folder Object


------------------------------------------------
a = InputBox("入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFS.GetFile(a)
MsgBox("ファイル名 => " & objFile.Path & vbCR &_
"8.3形式 => " & objFile.ShortPath)
------------------------------------------------

実行結果

ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs shortpath1

ほぷぅ(。・ω・) ノ パソコンめも-vbs shartpath2








テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ


  1. 2010/08/27(金) 20:23:53|
  2. VBScript
  3. | トラックバック:0
次のページ


サイトマップ・お奨め記事

CentOS7 まとめ
Ubuntu14 まとめ
Ubuntu12用無線アダプタ紹介
Ubuntu12 まとめ
Server 2008R2 まとめ
SCCM2012R2 まとめ
Windows10 アップグレード
Windows7 まとめ
Windows7 SSD まとめ
Windows8 まとめ
EaseUS Todo Backup Server
Linux Destbision まとめ
Linuxコマンド関連Index
Zorin8.1まとめ
Fedora17まとめ
Fedora15まとめ
VB Script まとめ
USB3.0で快適バックアップ
リンク集・メール


スポンサードリンク


リンク


サイト登録Paseon

・はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -

・Fedoraで自宅サーバー構築

・CentOSで自宅サーバー構築

・ぼくんちのTV別館

・ネットセキュリティブログ

・まとめ横丁

・オールフリーソフト


相互リンク更新情報
BookMark
GPUベンチマーク(ドスパラ)
VMware OS仮想化
EaseUS
Fedora releases ISO
【Http外部からの表示確認】
ポートスキャンチェック
IPA情報処理推進機構
無料DNS ieServer
無料DNS-MyDNS
yahooログイン履歴チェック
メール不正中継拒否テスト
Fedora Project
allbootdisks
Edy Viewer
ESXi動作実績ハードウェア@Wiki
IEEE Standards

---ライセンス認証解除系リンク---
ShadowProtect Personal
.NET製品
弥生



--所有サーバーWiki--
NEC Express5800/S70
HP ProLiant ML110G5
PRIMERGY TX100 S3

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

Linux (45)
Linux-CentOS7 (70)
Linux-Ubuntu14.04 (87)
Linux-Ubuntu12.04 (76)
Linux-Zorin8.1 (36)
Linux-Fedoras.soft (19)
Linux-Fedora18 (11)
Linux-Fedora17 (39)
Linux-Fedora15 (60)
Linux-Fedora11 (36)
Linux-Fedora16 (1)
Linux-Security (3)
Linux/Unix シェル (38)
Linux Distribution (53)
仮想OS (31)
Windows Server 2008 (254)
Windows Server 2012 (30)
Windows Server コマンド (39)
Windows Server アプリ (14)
Windows (40)
Windows 10 (3)
Windows 7 (59)
Windows 8 (257)
Windowsアプリ (23)
Windows 8 アプリ (29)
Windows レジストリ (6)
Windows BAT (17)
ネットワーク (5)
MySQL (1)
ニュース (8)
ハードウェア (11)
Windows VBScript-Basp21 (1)
VBScript (29)
Windows Vista (1)
Windows グループポリシー (3)
Security (6)
未分類 (4)
クールなアイテムまとめ (5)
Game (1)
PowerShell (4)


Linux ブログランキングへ

カテゴリ2

SCCM Backup 遠隔操作 VirtualBox FeliCaポート/パソリ ESXi 

カウンター

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



フィードメーター - ほぷぅ(。・ω・) ノ PCまとめ Linux,Win,自宅サ..


Windows ブログランキングへ

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

 



Linux ブログランキングへ





<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>

<%plugin_third_content>

<%plugin_third_description2>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。