FC2ブログ
ブログパーツ アクセスランキング
インフラ情報まとめ
アクセスランキング
サーバー、クライアント関係の構築、運用等のまとめ書きです。旧名 ほぷぅ(。・ω・)ノPCまとめ

テキストファイル関係 Script




にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

テキストファイル関係 Script


テキストファイルを作成したい


1.CreateTextFile[2 [,3[,4]]]


1 FileSystemObject

2 作成するファイル

3 上書き(省略可)

4 文字コード(省略可)

'同名上書きされるので注意 =true falseでエラー default=true


テキストファイルを新規に作成して文字列を書き込んでみる(。・ω・)

------------------------------------------------

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objfile = objFS.CreateTextFile("c:\newfolder\new1.txt",True)
objFile.WriteLine("New Text File") '中身書き込み
objFile.close

------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-vbs CreateTextFile


テキストファイルの最後尾に文章を追加


1.OpenTextFile(2[,3[,4[,5]]])


1 1 FileSystemObject

2 開くファイル

3 入出力モード(省略可)

  1を指定 読みとり専用(書き込み禁止) 8は ファイルの最後から追加書き込み可能
4 ファイルの作成(省略可)

   ture 存在しない場合作成 =false 存在しない場合エラー

5 ファイル形式(省略可)


------------------------------------------------

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFS.OpenTextFile("c:\newfolder\new1.txt",8,true)
'Set objFile = objFS.OpenTextFile("c:\newfolder\new1.txt",8,0)
objFile.WriteLine("新しい行を追加")   'この文章が最終行に追加
objFile.Close

------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-vbs OpenTextFile



一時ファイルを作成したい


1.GetTempName(2)


1 1 FileSystemObject

2 ファイルのパス


c:\newfolderの中に適当なファイル名のtmpファイルを作成~

------------------------------------------------

'一時ファイルまたは一時フォルダの名前をランダムに生成
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strTemp = objFS.GetTempName
ObjFS.CreateTextFile("c:\newfolder\" & strTemp)

------------------------------------------------

実行結果


ほぷぅ(。・ω・)-vbs GetTempName



Fileオブジェクトを取得したい


1.GetFile(2)



1 FileSystemObject

2 ファイルのパス

指定したパスのFILEオブジェクトを取得。絶対、相対を指定できまする


ファイルを取得してファイルの情報を表示します

------------------------------------------------
'a = InputBox("0~2を入力")

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
strPath = objFS.Getfile("c:\newfolder\new1.txt")
Set objFile = objFS.GetFile(strPath)
MsgBox(strPath & "の情報" & vbCR &_
"作成日:" & objFile.DateCreated & vbCR &_
"最終更新日:" & objFile.DateLastModified & vbCR &_
"最終アクセス日:" & objFile.DateLastAccessed)
------------------------------------------------

実行結果

ほぷぅ(。・ω・)-vbs GetFile


テキスト 指定した文字数分を読み込んで表示


1.Read(2)


1 TextStreamObject

2 読み込む文字数


------------------------------------------------
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objText = objFS.OpenTextFile("C:\newfolder\new1.txt")
myText = objText.Read(5) '指定数超えてるとエラーになる
MsgBox(myText)
objText.Close

------------------------------------------------

実行結果

ほぷぅ(。・ω・)-vbs Read



テキスト 一行分のた文字列を読み込む


1.ReadLine


1 TextStreamObject


TextStremファイルから改行文字を除く一行を読み込みます(。・ω・)

------------------------------------------------
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objText = objFS.OpenTextFile("C:\newfolder\new1.txt")
myText = objText.ReadLine
MsgBox(myText)
objText.Close

------------------------------------------------

実行結果

ほぷぅ(。・ω・)-vbs ReadLine



テキスト 全体の文字列を読み込む


1.ReadAll


1 TextStreamObject


------------------------------------------------

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objText = objFS.OpenTextFile("C:\newfolder\new1.txt")
myText = objText.ReadAll
MsgBox(myText)
objText.Close

------------------------------------------------

実行結果
ほぷぅ(。・ω・)-vbs ReadAll



テキスト 指定した文字数を飛ばして読み込む


1.Skip(2)


1 TextStreamObject

2 スキップする文字列


3文字スキップして4文字目から6文字分を表示してみますぅ

------------------------------------------------
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objText = objFS.OpenTextFile("C:\newfolder\new1.txt")
objText.Skip(3)
myText = objText.Read(6)
MsgBox(myText)
objText.Close

------------------------------------------------

実行結果

新(1)し(2)い(3)(4)を(5)追(6)加(7) あと二文字分は空白なので 行を追加まで表示

ほぷぅ(。・ω・)-vbs Skip


テキスト 行をスキップして読み込む


1.SkipLine


1 TextStreamObject


3行目スキップして4行目から表示してみる(。・3・)

------------------------------------------------
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objText = objFS.OpenTextFile("C:\newfolder\new1.txt")
For i =1 To 3
objText.SkipLine
Next
myText = objText.ReadLine
MsgBox(myText)
objText.Close

------------------------------------------------

実行結果
ほぷぅ(。・ω・)-vbs SkipLine


テキスト カーソルのある行を返す(ファイルポインタ)


1.Line


1 TextStreamObject


ファイル全体を読み込んでカーソルのある行番号を表示(。・ω・)v

------------------------------------------------
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objText = objFS.OpenTextFile("C:\newfolder\new1.txt")
myText = objText.ReadAll
MsgBox("カーソル行:" & objText.Line)
objText.Close

------------------------------------------------

実行結果
ほぷぅ(。・ω・)-vbs Line



テキスト カーソル(ファイルポインタ)が行の末尾か調べたい


1.AtEndOfLine


1 TextStreamObject

ファイルのポインタがEOL(行の末尾)にある場合はtrue

ない場合はfalse


行の末尾まで一文字ずつ番号付きで調査表示

------------------------------------------------
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objText = objFS.OpenTextFile("C:\newfolder\new1.txt")
Do While objText.AtEndOfLine <> True
cnt = cnt + 1
str = str & cnt & ":" & objText.Read(1) & vbCR
Loop
MsgBox(str)
objText.Close

------------------------------------------------

実行結果
ほぷぅ(。・ω・)-vbs AtEndOfLine



テキスト カーソル(ファイルポインタ)がファイルの末尾か調べたい


1.AtendOfStream


1 TextStreamObject

ファイルのポインタがEOF(文の末尾)にある場合はtrue

ない場合はfalse


ファイルの最後まで1行ずつ番号付きで表示

------------------------------------------------

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objText = objFS.OpenTextFile("C:\newfolder\new1.txt")
Do While objText.AtEndOfStream <> True
cnt = cnt + 1
str = str & cnt & ":" & objText.ReadLine & vbCR
Loop
MsgBox(str)
objText.Close

------------------------------------------------

実行結果
ほぷぅ(。・ω・)-vbs AtEndOfStream


テキスト 何文字か読み込んで現在のカラム位置を表示


1.Column


1 TextStreamObject


現在の行の位置を返す


3文字読み込んで見た後現在の位置を表示してみるテスト

------------------------------------------------

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objText = objFS.OpenTextFile("C:\newfolder\new1.txt")
myText = objText.Read(3)
MsgBox("カラム位置:" & objText.Column)
objText.Close

------------------------------------------------

実行結果

ほぷぅ(。・ω・)-vbs Column


テキスト 文字列を書き込みたい


1.Write(2)



1 TextStreamObject

2 書き込む文字列

読みとり専用になっていた場合にWriteを使用するとエラー


新規テキストファイルに新しい文字列を書き込みしてみます

------------------------------------------------
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objText = objFS.CreateTextFile("C:\newfolder\new2.txt")
objText.Write("新しいテキストファイルです")
objText.Write("改行はされません")
objText.Close

------------------------------------------------

実行結果
ほぷぅ(。・ω・)-vbs Write


テキスト 指定した分だけ改行したい


1.WriteBlankLines(2)


1 TextStreamObject

2 書き込む改行文字数


1.WriteLine(2)


1 TextStreamObject

2 書き込む文字列(省略可)


新規テキストファイルに新しい文字列と改行を書き込み・・・

------------------------------------------------

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objText = objFS.CreateTextFile("C:\newfolder\new2.txt")
objText.WriteLine("新しいテキストファイルです")
objText.WriteBlankLines(3)
objText.WriteLine("この行の前で3行改行されました")
objText.Close

------------------------------------------------

実行結果
ほぷぅ(。・ω・)-vbs WriteBlankLines


テキスト 新規テキストに1行書き込んで閉じ、読み出します


1.Close


1 TextStreamObject


開いているTextStreamObjeectを閉じ、テキストファイルへの処理を終了します

Closeで閉じたファイルを開く場合はOpenTextFileメソッドを使いましょう(。・ω・)=v


------------------------------------------------
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objText = objFS.CreateTextFile("C:\newfolder\new2.txt")
objText.WriteLine("新しいテキストファイルです")
objText.Close
Set objText = objFS.OpenTextFile("C:\newfolder\new2.txt",1,0)
myText = objText.ReadLine
MsgBox(myText)
objText.Close

------------------------------------------------

実行結果

ほぷぅ(。・ω・)-vbs Close



関連記事







テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ


  1. 2010/08/26(木) 20:00:19|
  2. VBScript
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://pcmemorin.blog.fc2.com/tb.php/14-0c5c5489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイトマップ・お奨め記事

CentOS7 まとめ
Ubuntu14 まとめ
Ubuntu12用無線アダプタ紹介
Ubuntu12 まとめ
Server 2008R2 まとめ
SCCM2012R2 まとめ
Windows10 アップグレード
Windows7 まとめ
Windows7 SSD まとめ
Windows8 まとめ
EaseUS Todo Backup Server
Linux Destbision まとめ
Linuxコマンド関連Index
Zorin8.1まとめ
Fedora17まとめ
Fedora15まとめ
VB Script まとめ
USB3.0で快適バックアップ
リンク集・メール


スポンサードリンク


リンク


サイト登録Paseon

・はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -

・Fedoraで自宅サーバー構築

・CentOSで自宅サーバー構築

・ぼくんちのTV別館

・ネットセキュリティブログ

・まとめ横丁

・オールフリーソフト


相互リンク更新情報
BookMark
GPUベンチマーク(ドスパラ)
VMware OS仮想化
EaseUS
Fedora releases ISO
【Http外部からの表示確認】
ポートスキャンチェック
IPA情報処理推進機構
無料DNS ieServer
無料DNS-MyDNS
yahooログイン履歴チェック
メール不正中継拒否テスト
Fedora Project
allbootdisks
Edy Viewer
ESXi動作実績ハードウェア@Wiki
IEEE Standards

---ライセンス認証解除系リンク---
ShadowProtect Personal
.NET製品
弥生



--所有サーバーWiki--
NEC Express5800/S70
HP ProLiant ML110G5
PRIMERGY TX100 S3

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

Linux (45)
Linux-CentOS7 (70)
Linux-Ubuntu14.04 (87)
Linux-Ubuntu12.04 (76)
Linux-Zorin8.1 (36)
Linux-Fedoras.soft (19)
Linux-Fedora18 (11)
Linux-Fedora17 (39)
Linux-Fedora15 (60)
Linux-Fedora11 (36)
Linux-Fedora16 (1)
Linux-Security (3)
Linux/Unix シェル (38)
Linux Distribution (53)
仮想OS (31)
Windows Server 2008 (254)
Windows Server 2012 (30)
Windows Server コマンド (39)
Windows Server アプリ (14)
Windows (40)
Windows 10 (3)
Windows 7 (59)
Windows 8 (257)
Windowsアプリ (23)
Windows 8 アプリ (29)
Windows レジストリ (6)
Windows BAT (17)
ネットワーク (5)
MySQL (1)
ニュース (8)
ハードウェア (11)
Windows VBScript-Basp21 (1)
VBScript (29)
Windows Vista (1)
Windows グループポリシー (3)
Security (6)
未分類 (4)
クールなアイテムまとめ (5)
Game (1)
PowerShell (4)


Linux ブログランキングへ

カテゴリ2

SCCM Backup 遠隔操作 VirtualBox FeliCaポート/パソリ ESXi 

カウンター

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>



フィードメーター - ほぷぅ(。・ω・) ノ PCまとめ Linux,Win,自宅サ..


Windows ブログランキングへ

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

 



Linux ブログランキングへ





<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>

<%plugin_third_content>

<%plugin_third_description2>